総合トップチーム医療NST(栄養サポート)チーム

NST(栄養サポート)チーム

NST(栄養サポート)チーム

NSTとは

小川赤十字病院ではチーム医療の一環として栄養サポートチームによる栄養療法を行っています。
栄養サポートチームは「Nutrition Support Team」の頭文字をとって「NST」とよばれています。

栄養療法の必要性

人は、口から食べ物をとってそれを栄養として生きています。
しかし、その当たり前のことが何らかの原因で出来ない、あるいは食べる量が減ってきた時、栄養障害がおこります。
栄養障害は、治療や病気の予後に重大な栄養を与えることが、以前から指摘されてきました。
NSTでは、栄養状態を把握して必要な栄養内容を計算し、適切な栄養投与法によって栄養療法を行い栄養状態の改善を行います。

必要な栄養内容の計算、適切な栄養投与法

栄養の内容については、性別・年齢・身長・体重・病気の影響などを考えて、個人に合った栄養内容を考えて行きます。栄養投与法については、「静脈栄養」「経腸栄養」があげられます。

小川赤十字病院でのNSTへの取り組み

当院では、2004年6月から栄養療法のための学習会を開始し、2005年4月には、院長直属の活動部隊として「NST」がたちあがりました。

チーム紹介
チームリーダーの清水医師(内科)、中神医師(外科)を中心に管理栄養士3名(石川、藤川、新宮)、薬剤師1名(渡辺)、臨床検査技師2名(増渕、宮川)、看護師3名(宇田川、小林、樺澤)、摂食・嚥下障害看護認定看護師1名(高萩)、診療放射線技師1名(村田)、医事課事務1名(中村)のコアスタッフに加え、15名の看護師サブスタッフが活動しています。

学会等からの認定

2005年11月:日本静脈経腸栄養学会NST稼動施設
2006年01月:日本静脈経腸栄養学会NST専門療法士(宇田川 看護師)
2006年09月:日本栄養療法推進協議会NST稼動施設
2007年02月:日本静脈経腸栄養学会NST専門療法士教育施設
2009年10月:埼玉県看護協会「看護師のための栄養管理研修会」臨地実習受け入れ施設
2010年02月:日本静脈経腸栄養学会NST専門療法士 (石川、渡辺、藤川)
2012年02月:日本静脈経腸栄養学会NST専門療法士(増渕)
2013年09月:日本静脈経腸栄養学会関東甲信越支部世話人(宇田川)
2016年07月:摂食・嚥下障害看護認定看護師(高萩)
2017年02月:日本静脈経腸栄養学会NST専門療法士(新宮)

各認定証のイメージ写真
各認定証のイメージ写真

NSTのメンバー

医師、看護師、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師、診療放射線技師などの職種で構成されております。各専門スタッフがそれぞれの知識や技術を出し合い最良の方法で栄養支援を行います。

小川赤十字病院のNST活動

迅速な栄養評価、計画の実施

栄養アセスメントツールのイメージ画像

計算が難しいとされる栄養アセスメントツールとして、当院では市販されているソフトをもとにNST支援ソフトを作成しました。パソコン上にて栄養状態の評価や投与内容の詳細な数字の算出を短時間で行っています。

経口栄養の支援について

栄養状態の評価改善にとどまらず、嚥下状態の評価や摂食嚥下訓練にも取り組んでおります。
また、嚥下状態の評価に合わせて嚥下訓練食の提供も行っています。
摂食・嚥下量外看護認定看護師が病院スタッフへの嚥下に関する指導を実施しており、
嚥下造影を摂食・嚥下量外看護認定看護師と放射線技師が共同で実施し、
患者さんの嚥下状態の向上をサポートしています。

地域NSTを目指して

各医療機関、施設等に入院中、入所中の方や在宅療養中の方でも栄養状態の評価が必要な患者さんに対して、短期入院によるNST入院患者さんの受け入れを予定しています。
以前に、テレビ特集でも取り上げられましたが、患者さんのQOLを考えた場合、これからは「地域NST」が重要と思われます。
病院内だけでなく、皆様とともに地域全体でより良い栄養管理を目指していきたいと思います。

平成28年度『看護師のための栄養管理研修会』、研修生と担当看護師長
NST勉強会 『コツをおさえた口腔ケア』 2016.12.20
0100